<< 全日本手をつなぐ育成会社前 | main | 【転載】教育と探求社との団交行われる >>

8月24日 東京都労働委員会反対尋問行われる

0
    2009年8月24日 東京都労働委員会 
    全日本育成会 不当労働行為事件 反対尋問が行われました。

    証人は、全日本育成会で働く労働者です。この労働者は、労動委員会の証人出頭することに対して、法人は不当にも有給休暇の使用か、賃金カットを言っていました。
    労動委員会の証人出頭は、公民権行使、公の職務の執行です。
    従来の就業規則では、賃金カットでも、有給休暇の使用でもなかったのに
    就業規則改悪で、特別有給休暇にしないで、労働者に不利益を与える、制裁的行為であるわけです。

    賃金カットにも負けず、証人として出頭し、職場で起きている変化について証言してきました。今日は、その法人側の反対尋問です。

    法人側は、私が証言していない団交のことや、労基署に行ったことまで、
    聞き出そうとして、必至にいろんなことを質問してきましたが、証言してないことは、答えないことにしました。
    もちろん、答えられることは答えましたが、2時間の内、反対尋問に要したのは1時間15分ぐらい、そのうち証人が考えている時間も結構あったので、シャキシャキ回答したら、45分で終わったかも。

    相手方、弁護士は「7月20日に団交拒否と言っても、そのあと8月には団交を再開しますと言っているでしょう」とか、
    「2007年12月の団交の中で、法人は第2回団交議事録を認めないと言ったでしょ」と「法人側は説明しましたよね」と、聞くので、12月の団交だったか、どうかがあいまいだったので、答えないでいると、またも相手側弁護士が出てきて「私が言った。おぼえてない?」と聞くのです。
    冗談じゃないよ、これは反対尋問で、証人が証言したことの立証をやぶるのが、反対尋問ですよ。
    なんですか「私が言った」って、おかしいでしょ。自分が言ったと証言したいなら、法人が証人を立てて立証すればいいでしょ。
    なんで、反対尋問でやるのよ!!!
    そこが間違っている〜怒り

    でも、ああ言えばよかったとか、もっとよい言い方があったとか、
    あとから、すごく出てくるのですよ。グッド
    性格が素直だから、法人の弁護士が言っていることが、罠だとわかっても
    言ってしまい、あとで、もうちょっと知っていたら、こう言ったのにと
    反省しきり、です。

    でも、これにめげず、次回の証人は「副島理事長」を要求します。


    証人