<< 各地育成会へのメッセージの文案 | main | かわら版・ジャパンユニオンのご紹介 >>

30日の集会で配布する組合のビラの文案

0
    礫です。30日の集会で配布する組合のビラの文案を載せます。
    変なところがないか点検してください。

    *    *     *     *    *     *     *

    ■ユニオン東京合同は、全国の「障害者」の皆さんと共に闘います。

    政府の福祉きりすて政策をはね返す重要な地平を切り開いている「障害者」の皆さん。共に闘うご家族や福祉労働者の皆さん。わたしたち、ユニオン東京合同は、民衆の輝かしい歴史を刻むこの場に結集し共に闘います。
    ユニオン東京合同には、「障害者」虐待事件である水戸事件の当該の闘いを支えてきた者や、全日本手をつなぐ育成会の事務局で働く人々が結集しています。したがって、「障害者自立支援法」(以下「支援法」)や福祉切捨ての問題は、ユニオン東京合同にとっても自分たちの重要課題です。ですから、労働組合としても、こうした問題について、皆さんと共に闘っていきます。

    ■「障害者自立支援法」の廃止を!

    昨年1年間で、「障害者」や高齢者の介護殺人や心中が40件にのぼると報道されています。厚生労働省の集計で、高齢者に対する身近な人からの虐待が1万数千件。非道な生活保護行政による相次ぐ餓死。こんな状況は1日も早く打破しなくてはなりません。
    政府の報酬単価の引き下げや日額払いによって、福祉労働者の労働条件もますます改悪されています。「ワーキングプア」といわれる低賃金がますます下がり、労働は加重となっています。「正社員」が解雇され、不安定雇用に置き換えられています。働き続けたくても続けられない。「障害者」や高齢者の介助体制は、介助労働者の不足によりますます悪化する。こんな悪循環が進んでいます。
    自治体労働者は、福祉切捨て政策に振り回され、自殺、過労死、精神的ストレスからの休職があいついでいます。「障害者のために忙しいのならともかく、切り捨てのために使われるのではたまったものではない」との声が上がっています。
    こうした民衆の怒りが、参議院選挙での与党の大敗と安倍内閣打倒の情勢を作り出し、「支援法」を追い詰めています。この道を進みましょう。政府や国会内の動きを見守るのではなく、民衆の誰をも切り捨てない団結を作って行動しましょう。民主党の「支援法」見直し案では、応益負担はけっしてなくなりません。 
    福祉事業を経営されているみなさん。いまや政府や議員へのパイプを頼っていける時代ではありません。「障害者」や労働者と共に闘わなければ、みなさんの本来の志を守り実現することはできません。
    全日本手をつなぐ育成会などいくつかの団体が賛成する中で、「支援法」は成立しました。その結果、会員の生活を脅かし、心中や子殺しまでが起こってしまっています。このようなことはけっして繰り返してはなりません。「障害者」の立場に立つならば、この場に参加し、共に闘うべきです。

    ■「支援法」の成立を促進させた全日本手をつなぐ育成会における事務局職員労働者弾圧

    全日本手をつなぐ育成会の副島理事長らは、労働者との真摯な議論をもすることなく、懲戒手続きの簡素化など職員を締め付ける方向を打ち出す一方、「支援法」に反対し職場の団結を大事にしてきた労働者のいじめをするなどしています。このような方向の中に「障害者」の権利を守る道はありえません。
    「全日本手をつなぐ育成会副島宏克理事長は、障害者自立支援法成立に手を貸した責任をとって、障害者自立支援法廃止に尽力せよ。」
    「全日本手をつなぐ育成会副島宏克理事長は、ユニオン東京合同との合意・確認を守って、ユニオン東京合同との事前協議のない就業規則の一方的な変更をするな。」

    抗議先:全日本手をつなぐ育成会理事長副島宏克殿
           <FAX 癲

    ■ユニオン東京合同は全国の福祉労働者と連帯して闘います。
     社会福祉構造基礎改革の流れに沿う「支援法」は、障害者福祉の責任を「公から民へ」といたずらに移し、規制緩和の名のもとに弱肉強食の福祉状況をもたらしています。
    一方で「応益負担」によって、障害者を苦しめ、片方で福祉事業への財政援助を削減させ、両者を天秤にとって、福祉の低劣化に導く政策を進めています。
    このような厳しい状況にあって、全国の福祉労働者のみなさんは現場で様々な労働問題に直面していることでしょう。
    福祉労働者の権利がおかされる時、「障害者」権利も守られません。
    ですから、労働者の権利を抑えること・我慢することが「障害者」の権利の確保になるのではありません。労働者が労働者の権利を放棄するのは、「障害者」との連帯にはなりません。
    ユニオン東京合同は、「障害者」と連帯して、階級的労働運動を進める労働組合です。
    ユニオン東京合同は、福祉労働者のみなさんの労働相談・意見をいつでも受け付けています。
    労働者階級の団結の力で、福祉労働現場の問題を解決していきましょう。

    <アクセス先:ユニオン東京合同のHPブログURL>

    <○11/4集会の案内>
    <○11/23学習集会の案内>



    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM