<< 時限ストライキ。情宣で多くのセミナー参加者に分会ニュースが手渡される。警察を使って組合活動を妨害するな | main | 裁判所へ行こう(1)〜違法で不当な賃金カットを許さない裁判第2回期日 >>

東芝・過労うつ病労災・解雇事件に学ぶ

0
    東芝・過労うつ病労災・解雇事件に学ぶ
    重光由美さんを迎えて、学習会

    職場でおきた災害を泣き寝入りしないで闘う重光由美さんを学習会の講師に招き、闘いの報告をいただきました。





    1 体調の悪化。労災の発生!

    1990年に東芝に入社して、2000年に「ポリシリコン液晶生産M2ライン」立ち上げのチームに加わり、過重労働、長時間残業が続き、体調を悪くした。重光さんは会社の上司にも、体調が悪いことを話し、新しいラインには入らないよう頼んでいたのに、2001年からは携帯向け新商品開発責任者になり、体調を大きく悪化させた。
    同じラインで働いていた同僚Oさんが自殺した。その直後に、重光さんも休職になる。
    1週間程度で復職したが、やはり体は仕事に耐えられず、再び休職に。同じ時期に入った同僚Kさんが厳しい業務に自殺。

    2 会社の対応。
    会社から、「傷病手当」の手続きをするように」連絡が来る。しかし、これは労災ではないか?と思い会社に「労災ではないですか?」と言うと、急に会社の人の顔色が変わり、課長、部長から「君が労災の申請をしたら会社が困ることはわかるだろう。」と申請しないように言ってきた。「人間より、会社が大事なのか」と、そのときに思ったそうです。
    会社の病気休暇は3年あったが、2004年に傷病休暇が切れる6ヶ月前に、あと6ヶ月で職場に復帰できそうにないことを連絡。会社の総務と話し合いを2回しましたが、2004年6月25日に「重光さんの病気は労災にあたらない」という回答で、「9月9日までに復職しない場合は、解雇になる」と言ってきた。
    それから重光さんは労災申請の手続きや、日本労働弁護団に相談して、過労死弁護団を紹介され、組合を紹介され加入した。
    2008月6日に「解雇予告通知」が届き、組合で2回団交をしましたが会社は「業務上ではありません。平行線です」と繰り返すのみで、事実上団交打ち切りになった。
    労働委員会のあっせんの申請をして、9月15日に協議することになっていたが、会社は応諾しながら、またこちらの弁護士を通じて、「労災申請するので、解雇しないように」という通知を出したのに9月9日に「休暇期間満了日の9月9日をもって解雇する」という解雇通知を出してきた。さらに9月15日の前の「9月13日に会社に退職の手続きに来てきださい」という、とんでもない対応をしてきた。
    そこからすぐに裁判提訴と進んでいった。

    3 裁判へ
     この裁判から登場するのが、東芝会社側代理人、第一協同法律事務所の伊藤昌毅弁護士です。どこかで聞いた名前? ・・・そうです。全日本育成会の代理人。
    この東芝事件でも、伊藤昌毅弁護士は裁判の引き伸ばしや、法廷で原告を威嚇、これには裁判官も制止したが、それも振り切って「威嚇」を続けたらしい。
    ちなみに、裁判の引き伸ばしも弁護士の品位に欠ける行為ですが、「威嚇」とはさすが弁護士とは思えない品格の欠け方です。
    裁判は、2009年4月22日に東芝解雇事件の解雇無効安全配慮義務違反を認める完全勝利でしたが、東芝は即日控訴。現在は控訴審中ですが、今回の学習会で、労災申請のためにはまず、証拠(出勤や業務内容の履歴など)集め、(会社はかならず隠蔽する)資料を集めておくことが重要。また裁判でもインターネットのホームページの公開や、ブログの情報発信がポイントとなったし、会社の責任を明確にするよう、裁判所への葉書を出す応援キャンペーンなど、裁判を盛り上げる方法も学びました。
    (今回は、労災の不支給に関する行政訴訟については詳しく聞く時間がありませんでしたが、東芝過労うつ病労災解雇事件のホームページの経過が出ていますので、そちらをご覧ください)

    4.団結交流会、盛り上がる。
    学習会の後には、手料理の交流会で、盛り上がりました。
    しかし、伊藤昌毅弁護士は違う事件でもやっぱり品位にかけていましたね。弁護士は依頼人の利益のためと言っても、事件が違えば、「正反対の対応(手法)をする」ということはないのです。
    もっと、ほかの事件も探して伊藤昌毅弁護士の「役者ぶり」を解明してみたいと思います。乞うご期待。

    5 重光さんのHP、ブログの紹介。
    ちなみに、重光さんのブログに学習会のことがのりました。
    重光さんのブログから一部紹介します。
    ・・・最近体調が悪く、疲れやすい状態だったので、外出して大丈夫かなあと心配していたのですが、翌日の疲れは、たいしたことなく、気分も爽快で、逆に最近の不調が吹き飛んでいて、驚きました。・・
    とのこと。
    これを読んで改めて、嬉しくなりました。団結には、病気に克つ力の素がある。
    東芝過労うつ病、労災、解雇事件HP
    http://homepage2.nifty.com/tsbrousai/
    重光由美さんのブログ
    http://shigemitsu.blog40.fc2.com/

    是非とも、重光さんの裁判の応援もよろしくお願いします。
    最終弁論期日 
    11月24日(水) 15:30〜 
    東京高裁825号法廷