<< あなたは戦争に賛成ですか?反対ですか? | main | 8月27日 賃金カットに怒りの社前情宣 >>

長崎県手をつなぐ育成会元事務局長横領で逮捕

0
    【転載】横領:法人から30万円、容疑で逮捕 /長崎
     社団法人「県手をつなぐ育成会」(長崎市茂里町)から現金30万円を着服したとして、長崎署は22日、同市平山町の無職、川原武司容疑者(49)を業務上横領の疑いで逮捕した。川原容疑者は西海市立中や長崎市立中の元教諭で、「着服は間違いない」と容疑を認めているという。

     逮捕容疑によると、容疑者は昨年4月から同法人事務局長を務めていたが、今月1日、長崎市内の銀行支店で、同法人名義の普通預金口座から現金30万円を引き出し、横領したとしている。

     同法人は、障害者の保護者や家族の相談受け付けなどを業務としている。今月9日に同法人職員が口座の残高照会をした際、預金額が95万円少ないことが判明。容疑者に確認したところ、着服を認めたという。同法人は10日に容疑者を解雇し、20日に警察に届け出た。同法人では他にも計約565万円の不明金があるという。

    〔毎日新聞 長崎版〕
    ........................................................
    (転載)横領容疑で障害者支援団体元事務局長逮捕 長崎
    2010.4.22 21:37(産経新聞)
     長崎署は22日、障害者支援事業を行う社団法人「長崎県手をつなぐ育成会」(長崎市)の預金を着服したとして、業務上横領の疑いで、同会の元事務局長、川原武司容疑者(49)=長崎市平山町=を逮捕した。

     逮捕容疑は、事務局長として勤務していた昨年4月から今月10日までの間、同会の銀行口座から現金30万円を引き出して横領したとしている。

     同会は、この間に不審な現金の引き出しが複数あり、使途不明金が約560万円に上るとして、被害届を出している。長崎署は横領を繰り返していた疑いがあるとみて調べる。

     同会によると、川原容疑者が3月末に無断欠勤するなどしたため、管理していた通帳を調べると、使途不明金が発覚。今月10日付で同容疑者を解雇した。

     手をつなぐ育成会は、全都道府県にあり、障害者の就労支援や障害への理解を深める活動をしている。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    昨年2009年には、北海道手をつなぐ育成会元会長が障害者自立支援法の国のお金を不正受給して、営業停止になった。
    今年は、長崎県手をつなぐ育成会元事務局長の横領である。
    全日本手をつなぐ育成会の構成員である、都道府県育成会において、このようなことが連発していることは、組織崩壊を如実に表している。